*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 絵本 > そらうで  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

そらうで

2009 - 01/18 [Sun] - 23:54

狂言えほん そらうで (講談社の創作絵本 狂言えほん)狂言えほん そらうで (講談社の創作絵本 狂言えほん)
たごもり のりこ

講談社 2008-09-27
売り上げランキング : 144283

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ある夕方のこと、主人が家来のたろうを呼びつけ
魚を買いにいくよう 言いました。
いつも強がっているたろうですが内心ビクビクし
「はい。あのー、でも、もうじき ひがしずむので、
あしたにしたほうが・・・・・・。」
しかし主人は自分の刀を貸し、いってまいれと。
面倒なことになったと たろうは渋々でかけました。


もとしたいづみ     文
たごもりのりこ     絵



狂言えほん


偽りの腕自慢のことを「空腕立て」といい、
それがそのまま「空腕」という狂言の題名に
なっているとのことです。


内心怯えつつ、山道を入っていった たろうは、
突然 大男に遭遇!!!!???

大慌てし、怯える声で命乞いするものの、
よくよく見ると 大男だとおもったのは
木の茂みでした・・・・・・

またしばらく行くと・・・人が大勢やってきます!!??
襲われると思い込んだたろうは 頭を下げ
また必死に命乞いをしています。

ところが、たろうの前にいるのは大勢の人ではなく
松の木でした・・・。


実は、この様子を たろうの主人が見ていたのです!


主人は たろうの怯え様に腹を立て、
いつまでも頭を下げているたろうから 刀をさっと取り上げ
たろうの背中を扇でぴしゃりと叩き、怒って帰っていきました。

てっきり背中を切られたものとばかり思ったたろうでしたが、
しばらくして、自分が生きているとわかると
主人に借りた刀を探しますが、当然見つかりません。

主人には言い訳すればいいと、たろうはそのまま引き返しました。


たろうが帰ってきました。
主人は、そ知らぬ顔をしています。

たろうの怯える様を目撃していた主人。
主人が見ていたことなど露知らずな たろう。


たろうは 主人にどんな言い訳をするのでしょう?
この場面は うちの子ども達も大盛り上がりしてました♪


スポンサーサイト

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadeshikolife.blog76.fc2.com/tb.php/910-834b158f

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。