*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 絵本 > ときそば  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

ときそば

2008 - 10/16 [Thu] - 19:09

ときそば―落語絵本12ときそば―落語絵本12
川端 誠

クレヨンハウス 2007-12
売り上げランキング : 67404

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


江戸のころ、夜になり 屋台の そば屋さんに
男の客がやってきて、そばをうまそうにたいらげました。
ところが、客は そばの勘定を1文ごまかしたのです。
この様子を わきで見ていた別の男は・・・・・・・



川端 誠      作・絵


川端誠さんの落語絵本シリーズ 第十二弾

子どもから大人まで 楽しめる落語絵本です。


時計というものがなかった江戸時代、
時間のことを「時」といっていました。

その「時」が ポイントとなるお話。


江戸の夜、屋台のそば屋さんが
「そばーうー、あうー」と 売り声あげてとおっています。

そこへ 一人のお客が そばを一杯 注文しました。

注文し、そばを食べ終わって勘定すませ帰るまで
このお客は喋りっぱなし!

気さくで そばを褒めちぎるお客に
そば屋さんも きっと気をよくしていたことでしょう

食べ終わり勘定のとき・・・
そばは一杯、十六文だとわかってるはずなのに
なぜかお客は「いくらだい?」と。。

そして、お客は まんまと 一文を少なく支払うことに成功!


それを 近くで見ていた ある男は・・・・・・
自分も 同じ方法で 一文ちょろまかそうともくろみます。。

そして 次の日の夜、、
その男は そば屋を探しにいき、そばを注文しました。
さあ、どうなるのか・・・・・・??


落語だけあってテンポのいい文となっています。
私も たくさん練習して テンポよく読めるようになりたいです♪







スポンサーサイト

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadeshikolife.blog76.fc2.com/tb.php/895-2b34503c

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。