*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 絵本 > ひとりぼっちのおじさん  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

ひとりぼっちのおじさん

2008 - 10/12 [Sun] - 23:21

ひとりぼっちのおじさんひとりぼっちのおじさん
末松 氷海子

文化出版局 1987-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小さなおじさんは いい人なのに、
みんなから 悪口ばかりいわれていました。
だから いつもひとりぼっちでした。
春になり、おじさんはいいことを思いつきました。
『ともだちもとむ。ちいさなおじさんより』と書いた紙切れを
木にぶらさげたのです。
そして朝から晩まで 玄関先の石段に座って待っていました。



B・リンドグレーン   文
U・ヴェンセル     絵
末松氷海子      訳



2人の親友同士がいたとします。
そこへ あるとき もう1人が仲間入りし
3人となったとき・・・・・・



まぬけ、チビ、帽子が変・・・など
みんなから悪口を言われ
ちゃんと挨拶しても みんなからしらんぷりされ
おじさんは 毎晩ベッドの中で泣いていました。

いつも1人は 寂しすぎます。

そしておじさんは、春に書いた紙切れを
木にぶらさげ、ずっと待ちましたが
10日経っても誰も来ず、
10日目の夜、待ちくたびれて眠ってしまっていると、
そこに大きな犬が!!

犬は あの紙を見て 来てくれたんです♪

おじさんは さぞ嬉しかったことでしょう。


犬のデカくんは毎日おじさんのところへ遊びに来て
おじさんは大喜びで迎え、とても楽しく過ごします。
お互いが幸せな気持ちの素敵な日々


ところが、ある春のこと・・・・・・
どこからか女の子がひとり やってきて
犬のデカくんを抱きしめました。

次の日もまた女の子はやってきて
デカくんと楽しそうに遊んでいます。。

それを見たおじさんの心境は
その後の行動をみれば 痛いくらいに伝わってきます。


うちの娘が小4の懇談会時に、当時担任の先生から
特に女子同士が 2人組、もしくはグループ化して
行動するようになってきたという
お話があったことを記憶しています。

その年代の子が 共感できそうな絵本だなぁと感じました。

スポンサーサイト

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadeshikolife.blog76.fc2.com/tb.php/887-3a757b2c

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。