*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 絵本 > まじょとねこどんほうきでゆくよ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

まじょとねこどんほうきでゆくよ

2008 - 09/13 [Sat] - 13:02

まじょとねこどん ほうきでゆくよ (児童図書館・絵本の部屋)まじょとねこどん ほうきでゆくよ (児童図書館・絵本の部屋)
Julia Donaldson Axel Scheffler 久山 太市

評論社 2001-10
売り上げランキング : 508987

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


みつあみおさげを風になびかせ、
とんがりぼうしの魔女と ねこどん、
ほうきで空を飛んでいた。
そのとき、突然 突風が吹き とんがりぼうしが・・・


ジュリア・ドナルドソン     文
アクセル・シェフラー      絵
久山太市            訳


リズミカルな文で テンポよく読めます。
声にだしても 読みやすいので、
読む人が楽しみながら 読み聞かせもできそうです♪


魔女とねこどんが ホウキにまたがり飛行中、
魔女のシンボルともいえる とんがりぼうしが
突風にあおられ 飛んでいってしまいました。

下へ!」魔女の命令で ホウキは地面へ。
ところが、いくら探しても とんがりぼうしは行方不明。。。

すると、ぶちのワンちゃんが帽子を見つけてきてくれ、
ホウキに乗りたいそうなので、魔女は ワンちゃんもホウキに乗せてあげました。

すると今度は、魔女の髪に付けていたリボンが抜けて・・・・・!!!!??


・・・・・と、また地面に降りると、また他の誰かが リボンを見つけてきてくれ
魔女は またホウキに乗せてあげるのです。
1名、また1名・・・と ホウキの定員は増していき・・・



このお話、ホウキの定員オーバーになってしまいましたとさ、おしまい。
・・・・・・という終わり方ではありません。

そこから、また展開があり
ちょっと いいお話も まっています


スポンサーサイト

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

私、大好きなんですよ~!ジュリア・ドナルドソンさんと、アクセル・シェフラー さんのコンビ? なのに、この本の存在は知りませんでした。是非探します!     

saboさんへ♪

抱いていた魔女のイメージを そのまんま表現してくれたような絵で
図書館で 表紙絵に魅了されて思わず手に取り 借りてきた本です♪
うちの子達にも好評でしたよ~v-290
ジュリア・ドナルドソンさんアクセル・シェフラーさん作品では
「きつきつぎゅうぎゅう」がうちの子達にも好評でしたv-352
他の作品も 読み聞かせしてみたいですv-344

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadeshikolife.blog76.fc2.com/tb.php/853-e970c2f1

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。