*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 絵本 > こんなおつかいはじめてさ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

こんなおつかいはじめてさ

2006 - 11/02 [Thu] - 00:45

こんなおつかいはじめてさこんなおつかいはじめてさ
オームラ トモコ

講談社 2005-09
売り上げランキング : 371794

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お母さんから りんごをおばあちゃんの家に届けるよう
おつかいを頼まれた男の子は 自転車に乗り元気良く出発!
行く途中に 何度もいろんなハプニング発生するけど
明るくラッキーに乗り越えて 目的地目指してぐんぐん進みます♪

ありえないようなハプニングの連続!
男の子は驚きつつも全くめげずに 自転車をこぎ進む。

1ページに1行ほどの文で、すんなり読めます。
絵をみると、行く先々にいる 人々や動物たちの眼差しが
とっても好意的で 男の子のことを優しく見守っていたり
ときには手助けしてくれているのがわかります。
男の子は その1つ1つまでは気付かないにしろ
親切な気持ちを雰囲気としては感じとっているのかも。

現実にはありえないようなハプニングはさておき、
こういう周りの暖かな眼差しあふれる環境のなかで
子ども達が育っていけたら素晴らしいなぁと感じました

スポンサーサイト

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

未読

nadeshikoさん、おじゃましまぁす♪
わぁ~~なんだか、未読の絵本のオン・パレード♪
チェックするペンにも力が入ります☆
ご紹介、ありがとうございます!
既に文章がスラスラ読めるであろう小学生のお子様たちに、ちゃんとちゃんとの読み聞かせ、
とっても素敵ですね☆

読み聞かせの目的は、子どもに親の声を聞かせること☆
そう信じて、私も次男(現在1歳8ヶ月)が小学生になっても今の習慣を続けたいなあ☆と思います。

わかなさんへ♪

また来てくださって嬉しい!v-411
コメントありがとうございます!!!
参考にしていただける本があったなんて恐縮です。
私のほうこそ、わかなさんの読み聞かせのヒントを
いろいろ参考にさせていただきたいと思ってるので
また遊びにいかせてもらいますね♪

読み聞かせは あんまり上手なほうじゃないのですが
毎晩5冊がノルマのようになっていて・・・
まぁ一日に少しでも子供との接点多いほうがいいかと
読んだときの子供たちの反応を楽しみながらやってます。
「子どもに親の声を聞かせること」!すごくいい言葉!
そう思いながらだと、以前よりもっともっと前向きに
読み聞かせしていけそう♪ありがとうございますv-411

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadeshikolife.blog76.fc2.com/tb.php/81-a616fe82

大好き

独り言&おもしろ日記

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。