*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 絵本 > リスとアリとゾウ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

リスとアリとゾウ

2008 - 06/29 [Sun] - 22:29

リスとアリとゾウリスとアリとゾウ
Daisy Mrazkova 関沢 明子

BL出版 2006-05
売り上げランキング : 270861

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


森の中で、リスとアリとゾウが
洞穴で 一緒に暮らしていました。
洞穴の大きさですが、リスには ちょうどいい広さで
ゾウにとっては 狭すぎ、アリにとっては広すぎると
感じていました。



デイジー・ムラースコヴァー   作
関沢 明子   訳


リスとアリとゾウ。
この三者 それぞれ体の大きさも違えば
価値観も違います。

それは、住み家にしている ほら穴の広さだけでなく、
ハシバミの実も、リスは ちょうどいい量・・・
ゾウにとっては「これっぽっちじゃ、たべたきがしないな!」
アリは「わーい、ごちそうの山だ!」

他にも 食事の味付けや 掃除やたき火、
歩く速度も それぞれ違います。

同じことを 同じように感じることがなく、
それぞれが、別の価値観を述べていきます。

リスは、他のリスから
なぜ、自分より大きすぎるゾウと 小さすぎるアリと
一緒に暮らしているのか、不思議がられましたが
リスは こう答えました。
「わたしは あのふたりが、すきなの」

自分とは違う価値観でも
相手を思いやり 助け合い 認めていくこと。。
理解しようとする心を保つことは
言葉では簡単でも 実際はなかなか大変なのかもしれません。
それでも 相手の立場になって考えることは
そこから お互いの信頼感を育んでいくような気がします。


ある日・・・リスは 猟師に気に入られ、連れ去られてしまいます!
着いたところは猟師の家。
リスは 針金で作られたカゴに入れられてしまいました。

リス、大ピンチ!!!

ところが・・・・・・・??


それぞれの個性、特性を活かし 協力しあう素晴らしさ!
後半は 拍手喝采したくなるほど 嬉しい気持ちになりました。


スポンサーサイト

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadeshikolife.blog76.fc2.com/tb.php/762-1b5b2859

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。