*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 絵本 > つばさをもらったライオン  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

つばさをもらったライオン

2008 - 01/24 [Thu] - 21:34

つばさをもらったライオンつばさをもらったライオン
クリス・コノヴァー 遠藤 育枝

ほるぷ出版 2007-04
売り上げランキング : 15613

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

レオ王は たったひとつ、気になることがありました。
それは 北にすむオットー王の宮殿の壁に 不思議な宝物が
ずらりと並んでいると 噂されていることです。
そうこうするうち、レオ王とおきさきに、王子が生まれました。
その背中には小さな翼がはえていました。
王子に どうやったら飛べるのかを教えてくれる者はいなかったので
知りませんでした。
王子が大きくなるにつれ、翼も大きくなっていきました。
翼を広げてパタパタさせるのは とても愉快でした。
ある日のこと、窓を開けて外を眺めていた王子が翼を広げると
たまたま吹いてきたそよ風にのって、まいあがってしまいました・・


クリス・コノヴァー 作
遠藤 育枝 訳

風に飛ばされてしまったライオンの王子。
最初は向きの変え方すら知りませんでした。
着陸の方法も もちろん知りません。。

背中の翼は、ずっと パタパタと動かす程度でした。
どうやったら飛べるのかを 教えてくれる人は誰も・・・・・

『学ぶ』という 環境が 確立できていないようなのに、
本当に大丈夫なのでしょう??


さて、王子が風で飛ばされていったのを助けてくれたのは
北のオットー王でした。
オットー王は 王子を 自分の家に連れていき
介抱してくれました。
王子は 言葉にはだしませんでしたが、
こんな古めかしいところが宮殿??!と 内心 驚いていました。

ところが、その後すぐに
この宮殿の 素晴らしい宝物に気が付きます。

やっぱり すごいなぁ~と思いました。
王子の気持ち、人生すら変えられる
大きなパワーがあることに、
驚きと 実感と 喜びと・・・・・・・

私も しょっちゅう 触発されています♪






スポンサーサイト

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadeshikolife.blog76.fc2.com/tb.php/632-3bb96365

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。