*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 絵本 > マルーシカと12の月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

マルーシカと12の月

2007 - 12/18 [Tue] - 11:04

マルーシカと12の月 (講談社の創作絵本シリーズ)マルーシカと12の月 (講談社の創作絵本シリーズ)
かんの ゆうこ たなか 鮎子

講談社 2007-11-29
売り上げランキング : 60059

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

むかし、あるところにマルーシカという女の子が
まま母と その連れ子の姉の3人で暮らしていました。
マルーシカは 優しく美しい娘でしたが、いじわるな まま母と姉に
いじめられてばかりで 毎日 朝から晩まで 働きづめでした。
ある日、王さまの おふれのかかれた紙が町中の人たちに配られました。
おふれの紙には、病気の王女のために マツユキソウの花を
かごいっぱいに 持ってこられた者には、
ほうびとして、かごいっぱいの金貨を与えよう、と書かれてありました。
しかし、今の季節は冬。春に咲くマツユキソウが あるはずもありません。
ところが、金貨が欲しい まま母と姉は、マルーシカにマツユキソウを
持ってくるようにと、無理やり 外へ追い出しました。


かんの ゆうこ 文
たなか 鮎子 絵

おはなしの内容、あるいは「マツユキソウ」という言葉で
「森は生きている」だと ピンときた方もいらっしゃることでしょう
スラブ地方に古くから伝わる民話を元に
創作された絵本です。

表紙には マルーシカと 12の月の精霊たちが描かれてあります。
とても美しく、素敵な絵です♪

かご いっぱいに マツユキソウを摘んでくるまでは
家の中に入れてもらえない マルーシカ。
外は たいへんな吹雪なのに
3月に咲く マツユキソウを 摘んでこいだなんて・・・・・

凍えて一歩も歩けなくなったマルーシカは
森の木々の間から見える かすかな光を頼り
力をふりしぼり、歩いていきます。

その場所まで たどり着くと・・・・・
12の月の精霊たちに出会います!

とても素敵な場面、そして素敵な絵です♪
中央に たき火の絵があるのですが
絵を見ていると、まるで 火の暖かさ 精霊たちがマルーシカを見る
温かさが こちらにまで伝わってくるかのようでした。

そして、奇跡が起こります

それは マルーシカが いつも優しい心の持ち主だということ、
良いおこないをしていたからこそ
素晴らしい出来事をもたらしたのです

優しく照らしてくれるかのような絵が魅力的で
ページをめくるたびに ウットリしてしまった絵本でした♪


スポンサーサイト

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

NoTitle

この絵本、本屋さんで見つけました。
これを見つけた少し前に別の本で、これと同じ話の絵本を購入してしまったので、残念に思ったのですv-395
中身を見ていないのですが、nadeshikoさんのご紹介文を読んでいたら見たくなりましたv-10

実は今年の長女の学芸会はこのお話だったのですv-363
なので、なおさら興味を引きます。

アテナさんへ♪

アテナさんの購入された同じ話の絵本のほうも、
大変興味があります♪
古くから 語り継がれているおはなしって、
語り継がれていくだけのことあるなぁ~と
いつも 感心ちゃいますよねi-179
このストーリーは 私も子どもの頃から親しんできたので
勝手ながら 長女さんに親近感を抱いてしまいました(^^ゞ
学芸会、きっと力作で 見応えあるものだったことでしょう♪
劇でした?このおはなしだと、観客側も 存分に楽しめそうですねv-344

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadeshikolife.blog76.fc2.com/tb.php/595-9d53d976

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。