*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 絵本 > うしがそらをとぶ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

うしがそらをとぶ

2007 - 11/02 [Fri] - 23:54

うしがそらをとぶうしがそらをとぶ
デーヴィッド ミルグリム David Milgrim 吉上 恭太

徳間書店 1998-10
売り上げランキング : 1006732

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

牛は 空を飛ばない。だけど そんなこと きにしない、きにしない。
空に飛ぶ牛を 画用紙いっぱいに かいちゃお!
「おい、おい、変な絵だな。空を飛ぶのは 鳥じゃないか」と
お父さんが言ったとき、突然 風が吹いて 牛の絵は 飛ばされちゃった。
しばらくすると・・・牛が 空を飛んでいる!
牛が飛べないなんて、一体 誰が決めたんだい!


デーヴィッド・ミルグリム 作・絵
吉上 恭太 訳


牛が空を飛んでいることを 「ぼく」は急いで教えようとしますが
大人は誰も 本気にしてくれません。
誰も 空を見上げることすら してくれませんでした。

「うしが そらを とぶだって?なに ねぼけてるんだ」
「あら、うしがとんでるの。そう、でもいまいそがしいの。あとでね」
「ほー、うしがとぶっていうなら、おばあちゃんだって とんでるはずさ」

学校の先生は 黒板に 大きく「じゅうりょく」と書き
牛の絵など 図入りで それは不可能だってことを説明しだす始末・・・。

だけど・・・・そのすぐ窓の外には、牛が飛んでいるのです。。
ちょっと振り返ってくれさえすれば、すぐ 確認できるのに、、。

みんな、「ぼく」の言うことに もうちょっと耳を傾けてくれれば、
それが 本当のことだってことがわかるのに、、。

でも、この男の子は めげず、明るく前向きな子♪
素直さと 見た光景の すごさを 男の子の視点から 体験できるかのようです

読むと・・・
ゆっくり 子ども達と会話したくなりました。
早速、話を聞く姿勢で 子どもと話すと
その会話から 子どもの新たな発見が
でてくるものだなぁと しみじみ感じました。



スポンサーサイト

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadeshikolife.blog76.fc2.com/tb.php/549-8b8a83b2

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。