*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 絵本 > モーリッツと空とぶ船  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

モーリッツと空とぶ船

2007 - 10/07 [Sun] - 20:20

モーリッツと空とぶ船モーリッツと空とぶ船
ヴィースミュラー Dieter Wiesm¨uller

徳間書店 1999-06
売り上げランキング : 214907

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ある晩、ひとり留守番中で
たいくつしていた モーリッツ少年。
「つまんないなあ。なにかおもしろいことがおきないかなあ」と
そのとき、窓の外から「モーリッツ!」と よぶ声がした。
モーリッツは急いで屋上まで行ってみると
空に三本マストの船が浮かんでいた。
「おーい、おーい」モーリッツは帽子を振って「こっちだよー!」
すると船は、まっしぐらにモーリッツの方へ。
船に乗ってたのは 不思議な三人組。
女の子 リジー、オウムのペドロ、ネズミのヴィクトール。
モーリッツは船に乗り込み、冒険へと出発です!


ディーテル・ヴィースミュラー 作・絵

船にのって大空へ!!
迫力いっぱいの絵が まるで現実のようで
読んでいる者まで 空とぶ船に同乗した気分
冒険心いっぱいで ワクワクする感覚になりながら読みました。

この船は、勇敢な子なら誰でも歓迎!
ネズミは「おまえ、よわねをはかずに、ついてこられるかな?」
・・・もちろんモーリッツに対して言ったのですが
なんだか、読んでいると モーリッツをとおして
私自身に「お前は勇敢か?」「弱音はかずに ついてこられるか?」と
確認されているようにも感じていました。

船は 幾度の危機にも出会います。
強い風に流されはじめ、危うく船から落ちそうになったり
森の中では 木の幹と幹の間に 船が引っかかってしまったり・・・
こんなときも、3人は弱音をはきません!

ようやく船は、目的地の灯台へ。そこは海賊のねぐらです。

・・・用心していたつもりでしたが、
モーリッツ達は あっけなく 海賊たちに捕まってしまいました。

ああ、モーリッツ達は大ピンチ!!!
海賊は「冥土の土産に・・・」って言ってるし、、、
どうなってしまうのでしょう??

読みながら、モーリッツと一緒に
ワクワク、ドキドキ、ハラハラ・・・と共感できる一冊でした♪



スポンサーサイト

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadeshikolife.blog76.fc2.com/tb.php/523-0d312d34

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。