*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 絵本 > ちいさいケーブルカーのメーベル  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

ちいさいケーブルカーのメーベル

2007 - 06/29 [Fri] - 11:20

ちいさいケーブルカーのメーベルちいさいケーブルカーのメーベル
バージニア・リー・バートン かつら ゆうこ 石井 桃子

ペンギン社 1980-01
売り上げランキング : 48325

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちいさいケーブルカーのメーベル

ケーブルカーのメーベルは サンフランシスコの坂道を
毎日のぼってくだって 人々を乗せ 毎日働いています。
世界中から この町に 見物にやってきた人たちは
町の美しい景色にみとれましたが、なんといっても一番人気は
めずらしい 小さな ケーブルカーに乗ることでした。
しかし、まもなく 市会議員たちが
旧式で走行も遅く 儲からない ケーブルカーは廃止する計画が
噂となって もれてきました。残念がる人々の多いなか、
ひとりの人が言いました。
「とんでもないわ。わたしたちの町でしょう?
それは わたしたちで きめましょうよ。」

そこで、ケーブルカー好きの人たちが 集まり
サンフランシスコの ケーブルカーを まもる しみんのかい
つくったのです。


「ちいさいおうち」「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」など
とても有名で素晴らしい作品をのこした
バージニア・リー・バートンの作品。

こちらの絵本は わたしのなかで 強く印象に残っている絵本。

実際にあったはなしをもとに
子どもにもわかりやすい文での おはなしとなっています。

ケーブルカーを残すかどうか 賛成派と反対派にわかれ
とうとう投票によって決められることになります。

開票結果は・・・・・???

メーベルの人気を妬む バスのビッグ・ビルの登場や
開票までの様子にも目がはなせません。

読むと、なんだかサンフランシスコに行きたくなるものです
そして 読み終えたあとは とても勇気づけられた気持ちになり
喜びと元気が わきあがってくるかのようでした

スポンサーサイト

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

見たことのある絵・・と思ったら、バートンさんの絵本だったのですね。
ちいさなおうちにも通じるものがあるお話しですね。
古いものはなくしていこうという風潮のあるなかで、住民たちで守っていくっていうのは大切なことよね。

@みかづきさんへ♪

「ちいさいおうち」がとっても有名で愛されてきた作品だと思いますが
是非是非こちらも~♪とオススメしたい絵本ですv-291
実話にもとづいてのストーリーなのもあるせいか
いい意味でも重みを感じつつ、とても読み応えがあり
開票中の場面では、わたしまでドキドキしちゃってましたi-229

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadeshikolife.blog76.fc2.com/tb.php/418-b08ef411

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。