*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 児童書 > いのちの食べかた  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

いのちの食べかた

2006 - 09/27 [Wed] - 14:44

いのちの食べかたいのちの食べかた
森 達也

理論社 2004-12
売り上げランキング : 15724
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私達が普段食べている牛肉や豚肉って、
もともとは生きている動物だったということは
もちろん知っていますが、
では、生きている動物だったのが、お店で売られているまでの
その中間はどうなってるの?と聞かれたとしたら
よくわからず、うまく答えられなかったことでしょう。
この本ではその中間のことが詳しく説明されてあります。

私たちが普段お肉を食べることができるのは
動物たちの命のおかげであり、
そして、大切な職業されている方々のおかげです。
心の目をそむけずにきちんと知っておくべきかもしれません。

図書館の児童書コーナーから借りてきて読みましたが
大人の方にもオススメです。
後半は人種差別問題についても書かれてあり、
私の子供たちが小学校の授業で歴史を学んだ頃にでも
読んで、自分の心で考えてほしいと思いました。

この本で、知ることの大切さを深く学んだ気がします。
食事のときには今まで以上に心を込めて「いただきます」と
言うようになり、娘や息子にも食べ物のありがたさ、
感謝する気持ちをより伝えていこうと思いました。
また私自身も、その気持ちを忘れずにいようと思います。


スポンサーサイト

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

「きみの家にも・・・」の記事から読みに来ましたが、こんな難しそうな話をどうやって絵本にしているのかな?
ちょっと探しにいってきましょうv-231

syrinxさんへ♪

こちらの記事にもコメントありがとう~!!!
こちらの本は 挿絵は少しありますが、文章ばかりの読み応えある一冊です。作業の様子などが詳しく説明されてあって、知ることの大切さを感じたり、
働く人の職人技に驚き、ありがたみを痛感しました。

「きみの家にも・・・」(記事を読んでくださってありがとう!!)は、低学年の子にもわかりやすく説明されている絵本で、息子も読んで学んだようですv-205
今まで なかなか知る機会のなかったことなので
私も読んで学び、感謝する気持ちをあらためて認識しました。どちらもオススメです!!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadeshikolife.blog76.fc2.com/tb.php/4-719bfd0b

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。