*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 絵本 > 魔笛  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

魔笛

2007 - 03/13 [Tue] - 02:42

魔笛魔笛
那須田 淳 Michael Sowa ミヒャエル ゾーヴァ

講談社 2002-06
売り上げランキング : 82272

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


モーツァルトの有名なオペラ『魔笛』の絵本です。
こちらの絵本はミヒャエル・ゾーファが
オペラの舞台美術を手がけたときの原画を使ってあります。
登場する三人の童子をランドセル背負った姿で描かれているなど
現代風なところも個性を感じます。

物語は タミーノ王子が 大蛇に襲われる 恐ろしい夢にうなされ
目を覚ますと・・・葦笛の音がして 歌声とともに
鳥刺しパパゲーノという大男が登場するところからはじまります。

パパゲーノは 大蛇は自分がやっつけたと言いますが
実は 次に登場する三人の女がやっつけてくれていたのです。
パパゲーノは嘘をついた罰として、口に大きな錠前を
はめられてしまいました。

三人の魔女たちは タミーノに、夜の女王から預かってきた
一枚の絵を差し出します。そこには若く美しい
パミーナ姫が描かれている肖像画でした。

そして夜の女王が登場し、太陽の司祭ザラストロにさらわれた
娘パミーナを助けだしてほしいと頼まれます。
タミーノは パミーナ姫を助けだす決意をしました。
パパゲーノも口にはめられた錠前を外してもらい、
タミーノと同行することになります。

タミーノは魔笛、パパゲーノは銀の鈴を渡されました。
困ったときに使えば 救ってくれるといいます。



ここまでは ほんの最初・・・の部分で、
ここからまだおはなしは続きます。
そして どんでん返し!ここからです♪
文章もたくさんあり、漢字も多いので
自分で読むには 小学校中学年以上かな・・・?とも思いますが
今まで オペラを見たことがない方や、よくしらない方でも
あらすじを把握することができ、オペラへの一歩の架け橋に
なれそうな気がしました

「魔笛」は大好きなオペラで、私にとって思い出深いものです。
もしこの記事を読んでくださり、少しでも関心もってくださる方が
いらっしゃれば 本当に嬉しく思います

スポンサーサイト

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

魔笛は笛吹きの私も大好きです!
是非読みたいな~。早速借りに行きましょう。
しかし・・・1号はモーツァルトはあまり好きではないそうv-3902号は大好きみたいよ~v-398兄弟でも趣味ってちがうよね。

syrinxさんへ♪

1号くん、どちらかといえば ロマン派音楽のほうが お好みなのかもしれないですね~v-398
2号くん、モーツァルトが好きなんて、まずモーツァルトを知ってるところが たいしたもんかも!
うちの息子だったら「なにそれ?」ってかえってきそう・・・i-229
たまには親子でのんびりと音楽鑑賞でもしてみようかな~って気になってきましたv-398

なつかしい~~

魔笛とは、中学の音楽の授業で出会いました。
なつかしいねぇ。

私も実際のストーリーがあやふやになっているので、
物語として読んでみたいです。
そして実際の舞台の絵が使われているなんて、すごい。
いい絵本を見つけたね。




saraへ♪

劇場に足を運んでの オペラ鑑賞するときに
ある程度でも あらすじを把握していれば
日本語版オペラでなくても 楽しんで観られると思うよ♪
「魔笛」はオペラのなかでも ストーリーが凝ってて
善悪の立場逆転するところも見どころのひとつなので
機会あるときに もしよければ読んでみて♪
パパゲーナの絵が 私のイメージしていたパパゲーナ像とは全くの別人だったところが笑えましたi-179

nadeshikoさん、オペラとかいかれるのですか?
すごーいv-405
わたしは独身の頃、マリアカラスの生涯を描いた黒柳徹子さんの舞台を観にいったことがあるのですが、その時にオペラ歌手が歌っていて彼らの声量に驚いたことがあります。
いつかオペラを観にいきたいと思っているのですが、今だ実現していません。
この絵本も絵も美しそうで、ぜひ読んでみたいです。

アテナさんへ♪

マリアカラスの生涯を描いた舞台って、興味あります!
ずっと前に、友人が黒柳徹子さんのディナーショーに行ったことがあるそうで、「魔笛」の「夜の女王のアリア」を歌われてたって聞きました。私も聴いてみたいなぁ~v-398

オペラは、学生のころには よく行ってました♪
音楽家のたまごな友達が多かったので お付き合いで行く機会も多かったですが、今はもう子どももいると、そういう機会もなくなってしまったのを思うと
あのとき、劇場で生の声、演技を堪能できていたことはプラスだったなぁ~って、しみじみ思いますv-410
原語で上演されるオペラもよくあるので、おおまかにでもストーリーを把握できていると、より堪能できるかと思いますので、機会あれば是非~♪

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadeshikolife.blog76.fc2.com/tb.php/296-91d67b9d

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。