*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 絵本 > ぜっこう  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

ぜっこう

2007 - 01/09 [Tue] - 02:27

ぜっこうぜっこう
柴田 愛子

ポプラ社 2002-07
売り上げランキング : 278173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こどもたちの遊び場「あそび島」で起きた出来事。
がくという名の少年が、しゅんたろうに絶交宣言!
「ぜっこうだ!もう おまえとは ともだちじゃない。
いっしょう あそばないからな」
・・・とうとう言ってやった。
それからというもの 毎日しゅんたろうの視線は感じつつも
ぜっこうするって決めた がくは 心固く一緒に遊ばない。
だんだん元気のなくなっていく しゅんたろうをみていた
先生の あいこが「どうして がくに ぜっこうされてるの?」と聞いた。
がくは どきどきした。
しゅんたろうは泣きそうな顔で「わからないんだ」と答えた。
しゅんたろうに憤りを感じていた がくをはじめ
他の子ども達も次々に しゅんたろうへの不満を言い始めた。
あいこ「しゅんたろうは ずっと つらそうだった。
これいじょう みてられない。ひとが ひとをゆるせないって、
よっぽどのことだよ」
と言った。あいこは わかってない。くそー!


『けんかのきもち』(ポプラ社)と同じく「あそび島」のおはなしです。

タイトル、そして表紙のリアルで迫力ある絵に激しさを感じ
思わず手に取ってしまった絵本です。
真剣な目が 『決意』のかたさをうったえているかのよう。

ぜっこうするって決めたからには・・・と
がくは それを貫こうとします。
しゅんたろうが 元気のなくなっていく姿を見ていくにつれ
もしかしたら、ぜっこうする気持ちは薄らいでいたかもしれない。
でも自分で決めて しゅんたろうに絶交宣言したという事実が
そう簡単に曲げられなかったのかもしれません。

あいこが間に はいり、ぜっこうの理由を知って
そして しゅんたろうも反省しますが、
がくは 頑なになって ぜっこうは解けないと言います。
決めたことだから・・・。

「じゃあ あいこは どろぼうをゆるせるのかよ!」
「じゃあ、ひとごろしも ゆるせるのか!」

がくの言葉に対し、あいこも真剣に答えます。
本気で向き合う あいこの目、言葉に心打たれました。

大人の本気は 子供に伝わります。
大人として、あいこのような目と心で 向き合っていきたいです。
スポンサーサイト

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

きのう「けんかのきもち」を記事にしました。
この本も是非読んでみたいです!!
早速( ..)φメモメモしなくっちゃ☆
ぶつかり合う心、一生懸命な目。迫力のある絵と一緒にグッと来るものがあるよね。

けんかのきもち読んだときも納得!って思ったけど、こちらもそんな感じがするね。
素晴らしい絵本の紹介ありがとう!

@みかづきさんへ♪

@みかづきさん、ようこそ~!!!
「けんかのきもち」、記事に?!
わ~♪以前も 別の絵本でしたが、ことば遊びの絵本を同時期くらいにお互い記事にしてたよね(笑)?!
気が合うなぁv-344なんて、勝手に親近感おぼえて喜んじゃってますv-398

けんかのやめどき、それと仲直りのタイミングって、難しいもんね。
こちらもすごく伝わってくるものあった絵本でした。

早速@みかづきさんの記事、読んでみたいです!
同じシリーズつながりということで、TB送らせてくださいね♪

今、みかづきさんのところからきました!
ほんと、一緒に記事にしていたなんて、以心伝心?

うちの2年生の息子は、今、友達関係に悩んでいて・・・
男の子の方が単純だと思っていたんだけど、いろいろあるみたい。
ゲームもからんでくるしね。
ぶつかりあいながら、いい友達関係を築いていってほしい。
この絵本もぜひ読んでみようと思います♪

saraへ♪

「けんかのきもち」と「ぜっこう」、どちらも迫力のある絵とともに
子ども同士の本気、子どもの懸命な気持ちがよく伝わってきて
大人にもオススメです!機会あればぜひ♪

息子くん、友達関係で困ってるの?
考えてみると もうじき3年生で 少しずつ複雑になってくるよね。ぶつかりあって そこから更に息子くんのいい面を多くの子に知ってもらいたいな♪と、心から思います!
何か少しでもお役にたてそうなことあれば、遠慮なく連絡してね!

nadeshikoさん、過去記事へおじゃましまぁす♪
この記事がアップした時すぐにコメントしたかったんですが、できなかったので^^
『けんかのきもち』を記事にしたことがあります。
この本を読んだ時の気持ちが、nadeshikoさんの記事を読んで蘇りましたよ♪
ありがとう。
「あそび島」いいよね~。憧れちゃいます^^
TB送らせてくださいね。

わかなさんへ♪

わかなさん、こちらの記事にもコメントありがとうございます!
『けんかのきもち』、記事にされていたんですね?!
是非TB送らせてくださいm(__)m
絵からも 真剣さや本音が伝わってきそうで すごいですよね~!
あいこせんせいの真剣な表情と接し方も 読んでいて感動したり、今までの自分に反省の気持ちもでてきました。

寒中お見舞いを申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

けんかの気持ちもこちらのお話も大好きです。
子どもは子どもなりの理由があって、プライドもあり、それらをありありと豊かに描かれているところがいいです。
あいこさんに対しての質問も子どもらしいですし、あいこさんの受け答えにも感動しました。

アテナさんへ♪

アテナさん、ようこそ~!!!
こちらこそです!今年もよろしくお願いいたします。
久々にアテナさんの記事も堪能させていただきました♪

ホント、子どもなりの理由ってありますよね。
子供同士のトラブルって、全て大人が間にはいりすぎるのも
どうかなと思いますし、全く関わらないようにすれば
仲直りのきっかけもできないまま、子どもは悲しい思いのまま
長いこと傷ついていってしまうと思うし、
ここぞというときの、大人の出番やどう受け答えするか、という大切さにも気付かされた気持ちになりました。

けんかのきもち。幼稚園のPTAの道徳教育の時にボランティアの読み聞かせで使いました。
そして、今回の「ぜっこう」・・・。相変わらず表紙からして、迫力満点ですよね。
こうやって、喧嘩して、なんだかんだで仲直り・・・。これこそ、小学校生活の醍醐味!
家庭学習では得られない事ですね。
おおいに喧嘩して、おおいに仲直りしてくれ~。って言いたい。
でも、最近の小学生の喧嘩って質が変わってきてるのかな・・・v-388
イジメとかが問題になってるし・・・。
イジメって喧嘩とはまた違うよね。

syrinxさんへ

迫力満点な表紙の絵を見て、手に取らずにはいられなくなり、一気に読みました。

子供同士、子どもなりの理由や言い分があるんですよね。
「ぜっこう」の絵本は、当人同士は そこまで認識がなくても
イジメにつながっていたと思います。
しゅんたろうの1人な気持ちは、見てるこちらまで辛く思えてきました。

その様子に 気付いて 真剣に対処しようとする、
そんな大人でありたい!
だんだんと子どもも成長するにつれ、交友関係の悩みもでてきそうで
そういうところに 気付く目を持ちたいなぁ~とも思って。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadeshikolife.blog76.fc2.com/tb.php/213-9fad221d

★★★★けんかのきもち(おはなし)

けんかのきもち文:柴田愛子 絵:伊藤秀男 / ポプラ社《けんかのきもち の内容紹介》親友とケンカして、負けた時の気持ち。やりきれなくて、悔しくて、悲しくて、恥ずかしくて・・ケンカの気持ちはすぐには鎮まらない。そんな、過程を描く作品です。...

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。