*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > 2008年08月23日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

3年2組は牛を飼います

2008 - 08/23 [Sat] - 15:30

3年2組は牛を飼います (文研ブックランド)3年2組は牛を飼います (文研ブックランド)
相沢 るつ子

文研出版 2007-09
売り上げランキング : 76508

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まわりを山に囲まれた小さな町、
その町外れの丘の上の つばな台小学校があります。
この小学校には 何年も前から“ものを育てることをとおして、
いろいろなことを学びましょう”
という取り組みがありました。
そして・・・今年の3年2組は ナオヤの提案で
子牛を育てることになったのです。



木村セツ子    作
相沢るつ子    絵


第54回 青少年読書感想文全国コンクール
 課題図書
   小学校中学年の部



忘れ物が多く 授業中も 不真面目で
鉛筆を転がしたり ノートに絵を描いたり・・・のナオヤくんが
クラスの朝の会で、提案してきたのが
クラスで牛を飼うこと。

担任の先生が心配するのをよそに、
クラスの過半数が賛成し、7月末から4ヶ月間
クラスで子牛のお世話をすることになりました。

主人公まゆは、子牛を怖がり、
お世話するのが嫌で嫌でたまりません。

驚いたのが、今まで何をするにも不真面目だったナオヤが
一番熱心に 積極的に学び 動いていて
まわりに指示までだすほどだったこと。

ナオヤが これほど熱心に取り組むなんて、
担任の先生は さぞ嬉しく感じたことでしょう♪
先生の喜ぶ顔が 目に浮かぶようです


命あるものをお世話することは
責任重大なことです。

お世話は自分達でする!
そのことの責任感、心の葛藤、
お友達とのトラブルもありました。
また、お世話に励むクラスメイトの様子をみて
まゆが感じたこと
実際に 子牛と接してみて思ったこと・・・。

まゆの心境が よく伝わってきます。

そして、ナオヤ、まゆが
子牛を飼うことによって 得られたこと、
成長を強く感じたストーリーでした。

スポンサーサイト
ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。