*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > 2008年07月05日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

ぐりとぐらとなかまたち 山脇百合子絵本原画展

2008 - 07/05 [Sat] - 23:32

うらわ美術館にて
ぐりとぐらとなかまたち

山脇百合子絵本原画展

行ってきました。

2008年7月5日(土)~8月31日(日)
会場・・・うらわ美術館

チラシによると、休館日は月曜日(7月21日は開館)、7月22日(火)
開館時間は午前10時~午後5時、土・日のみ~午後8時となっております。
※ あくまでも チラシを見た限りでの情報です
   興味のある方は 会場にお問い合わせいただいたほうが確実かと思います。



子どもの頃から大好きだった絵本♪

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
おおむら ゆりこ

福音館書店 1967-01-20
売り上げランキング : 743

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この原画が見られる機会がくるなんて
本当に幸せです

頑張って初日の ぎりぎり午前中に行くことができました。


入り口から すぐのところに ぐりとぐらの原画が
展示されていました。
幼い頃から親しんできた 大好きな絵本。
その原画を 実際に見ることができようとは

黄色い かすてらが ふんわり♪場面の 原画を見たときには
大感激しながらも「やっぱり おいしそうぅ~」と
思ってしまいました・・・

絵本には使われなかった ぐりとぐらの原画も飾られてあり
とってもレアな作品を拝むことができ、とても幸せ♪

他にも ぐりとぐらシリーズ、ぐりとぐらかるた、いやいやえん・・・はじめ
山脇百合子さんの数多くの作品原画が展示されており
見どころ満載!!!

会場内には 絵本もたくさん置かれてあり
いす・ソファーに座って 自由に読んでいいので
子ども達も 楽しみながら 絵本を読み、原画を見て、
また絵本を読み・・・と ゆったりとしたひとときを過ごせました。

会場の出口の文字を見たとき、
ここから一歩外へ出たら・・・と 出口を通過するのが
なんだか躊躇してしまうくらい。。


入場券売り場のカウンター付近には
大きなパネルに この原画展のタイトルと ぐりとぐらの絵が
描かれてあり、その前に青と赤の小さな椅子が置かれてあります。

すぐそばに、ぐりとぐらの帽子(青・赤)が 置いてあり
自由に 帽子をかぶって 椅子に座り 記念撮影ができるように
なっていました。

乗り気な娘と 恥かしがる息子に それぞれ帽子をかぶってもらい
記念撮影しちゃいましたが、息子が照れて動くのでピントが・・・
ま、それも思い出です。。


8月末までの展示予定ですので、
会場まで足を運べる距離にお住まいの方は 是非♪
夏休みの思い出作りにも オススメです


スポンサーサイト
ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。