*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > 2008年06月11日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

からすたろう

2008 - 06/11 [Wed] - 15:52

からすたろうからすたろう
八島 太郎

偕成社 1979-05
売り上げランキング : 30322

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小学校生活の6年間、みんなから ばかにされ
のけ者にされながらも毎日 登校し続けた男の子。
6年生になったとき、新しい先生が担任となりました。


八島太郎  作


(ネタバレOKな方のみ お読みくださいm(__)m)




この絵本を初めて読んだときには
なんて残酷なんだ、と胸が締め付けられる思いでした。


小学校に入学してから、誰も友達ができず
まわりからは「ちび」と呼ばれ
ばかにされ のけ者にされ
先生にも ほっておかれ
それでも 毎日 とぼとぼと学校へやってくる男の子。
雨や嵐のときも、みのに包まって とぼとぼと。。

ちびは どんな気持ちでいたか
誰も 知りませんでしたし、
知ろうとする者もいませんでした。
存在すら 無視し続けていました。

こうして 6年生になったとき、
新しく担任となった先生は
皆が知らない ちびの才能に気づき
それを引き出そうとしてくれます。

ちびが、どれほどの観察力・表現力があるのか、
どれほど心の強さをもっているか
先生は ちびの長所に注目します。
ちびにとって よき理解者でした。

そして、学芸会の舞台で
ちびは カラスの鳴き真似を発表します。
微妙な鳴き声の違いまで模写することができる
観察力、表現力の素晴らしさ!
どうして これほどまでにできるようになったのか、
先生の説明をきいた者はみな、
今まで どれほど ちびに ひどいことをしてきたのか気づき
涙するのです。

6年間 孤独だったちび。
担任の先生に出会えたことが、ちびにとって 救いであり
希望であり 幸せの一歩だったような気がしました。


ラストは男の子の心境が 晴々と伝わってきます♪

スポンサーサイト
ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。