*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > 2008年01月23日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

なまけもののくにたんけん

2008 - 01/23 [Wed] - 22:32

なまけもののくにたんけん

なまけもののくにたんけん (1978年)なまけもののくにたんけん (1978年)
柏木 美津

佑学社 1978-03
売り上げランキング : 433727

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

金色の月が輝く夜、船が窓辺へやってきて
グレーテルとステファンを呼びます。
ふたりは、目をこすりながら聞きました。
「どこへいくの?」
「なまけもののくにへ!」


ハインリッヒ・マリア・デンネボルク 作
ホルスト・レムケ 絵
かしわぎ みつ 訳

子どもの頃 夢見た憧れの光景が
この絵本には いっぱいのっていて
まるで 夢の宝箱♪

まず、なまけもののくにまで 空飛ぶ船にのって行くところが
魅力いっぱいで 想像するだけでワクワクします

なまけもののくにへ、ついに到着!

『ヘンゼルとグレーテル』のお話にでてくる
“お菓子の家”かと思うくらいの おいしそうで素敵な家♪

屋根は目玉焼き、壁やドアはビスケット、
ソーセージの垣根・・・
水のみ場は、寝転がって口を開け 飲みたいもののことを
考えていれば出てくるのです。

他にも 『なまけもののくに」ならではの、行動パターンや
食べものについて・・・など、楽しく丁寧に紹介されています。

口を開ければ 食べ物 飲み物が 向こうからやってきてくれる。
・・・・・これにはちょっと ウットリしてしまいました
年に一度くらい、この国へ行って ゴロゴロしていたいものです


スポンサーサイト
ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。