*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > 2007年12月31日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

雪の女王

2007 - 12/31 [Mon] - 23:17

雪の女王

ある大きな町に ふたりの貧しい子どもがすんでいました。
ふたりは まるで本当の兄妹のように仲良し。
男の子はカイ、女の子はゲルダ、といいました。
ある日のこと、カイは 広場で そり遊びをしていました。
荷馬車の後ろに 自分のそりを結びつけて一緒にくっついて走ることを
楽しんでいましたが、ある大きな白いそりに結びつけたところ
そのまま 大きな白いそりは走り・・・連れられてきたところは・・・・・。


ハンス・C・アンデルセン 原作
ナオミ・ルイス 文
エロール・ル・カイン 絵
うつみ よしこ 訳

少し前に 北海道で見た大雪が まだ印象深く残っています。
そんなこともあり、
今年最後の記事には「雪の女王」にしたいと思っていました。

「雪の女王」の本は たくさんあり、いろいろ迷いましたが
今回は エロール・ル・カインの素晴らしい絵を
年末に しっとり堪能したかったので、こちらを記事に選びました。

カイが 初めて雪の女王と対面した場面の絵や、
後半の 宮殿内にいる雪の女王の絵も
うっとりするくらい綺麗で 雪の女王の表情からも
氷の冷たさが伝わってくるかのようです!

こんな素敵な場面が もしもカレンダーになっていたら
すごーく欲しいです♪

雪の女王のおはなしは 少し長いのですが
そこは さすがアンデルセンだけあり
読み応えあるお話です。

ゲルダがカイを探しにいく場面は
ついつい応援したくなります



スポンサーサイト
ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。