*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > 2007年08月30日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

ヘンリーフィッチバーグへいく

2007 - 08/30 [Thu] - 23:58

ヘンリー、フィッチバーグへいく (世界傑作絵本シリーズ)ヘンリー、フィッチバーグへいく (世界傑作絵本シリーズ)
D.B. Johnson 今泉 吉晴

福音館書店 2003-04
売り上げランキング : 320462

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ヘンリーと友達は 48キロはなれた
フィッチバーグという町に行くことにしました。
歩くことが好きなヘンリーは 早く出発して徒歩で行きたがり
友達は 働いたお金で汽車に乗ってみたいと思いました。
そこで、それぞれ自分のしたい方法で
フィッチバーグを目指すことにしました。
どっちが先に着くか競争です。


ページの見開きごとに
左のページは 友達が どんな仕事をして いくらもらったか、
右のページは ヘンリーが何をしているか
見比べられる おもしろさがあります。

友達が 薪を運んで10セントもらっているころ
ヘンリーは 歩いてサドバリーがわを渡りました。

友達が 掃除をして5セントもらっているころ
ヘンリーは 休んで杖を作りました。

・・・このように どちらの様子も見られ
着々と 両者が目指す地点へむけて
それぞれの方法で 行動していることが
絵と文からわかります。

競争といっておきながらも
互いに 楽しみながら取り組んでいて
少しずつお金が貯まっていく友人と
少しずつ目的地まで近づいているヘンリー。
途中 いろいろな発見もあったことでしょう。
微笑ましさと ワクワク感でした♪

さて、どちらが先にフィッチバーグに到着したでしょう?
ふたりの過程は違っても 目指すところは同じです。

こちらの絵本ではヘンリーは クマですが
マサチューセッツ州に暮らしていた
ヘンリー・デイビッド・ソローさんのことです。

著書「ウォールデン -森の生活-」の一節がもとで
この絵本ができました。

スポンサーサイト
ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。