*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > 2007年08月21日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

りんごあげるね

2007 - 08/21 [Tue] - 23:36

りんごあげるねりんごあげるね
さえぐさ ひろこ

童心社 2006-12
売り上げランキング : 3389

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日、ピピッチが死んだ。
わたしの、空色のセキセイインコ。
おこづかいでお花を買い、ピピッチを近くの川岸へ埋めることにした。
穴に スイートピーの花をしき、ピピッチをそっと入れ
またスイートピーでかざった。土を小さな山にして石で囲んだ。
ピピッチのお墓が見おろせる、裏山にのぼった。
ふと見ると、川の上を一羽のカラスが飛んでいる。
ピピッチのお墓の方に、降りていく。
「だめー!」
裏山をかけおり、川に行くと、カラスはどこかに行ったあとだった。
ピピッチのお墓がほりかえされ、お花が散らばっている。
「うそ、うそ、うそ!」ピピッチのからだは、どこにもない。
小さな羽さえ、おちていない。


第53回青少年読書感想文 全国コンクール 課題図書
小学校中学年の部

ピピッチが どれほど綺麗だったか、
どんなことが好きで、どんなことが嫌いだったか、
女の子のピピッチにたいする想いが
読んでいて 苦しくなるくらい 伝わってきます。

学校で ピピッチのことを 何人かのお友達に話しました。
友達は どんな様子でどんな言葉をかけてくれたでしょう。

これほど大好きだったピピッチのお墓を掘り返し
ピピッチを食べてしまった、憎きカラス。
できることなら 仇を討ちたいくらいのカラス。

翌日、女の子は また川岸のピピッチのお墓へ。
すると“ピピッチのお墓に来たのは
きっとこいつに違いない”と思えるカラスに遭遇します。

主人公 女の子の気持ちが ぐーっと感じられ
読みながら 共感し続けていました。

ピピッチを食べてしまったであろうカラスに遭遇し、
その場の勢いで、主人公が してしまった行動。
後になって とりかえしのつかない事態になることもありますよね。
主人公の女の子は、夢の中のことだったらいいのに、、、と
とても後悔しているようです。
でも、時間は戻せないのです。
時間を巻き戻してもう一回・・・とは出来ないのです。

主人公が話す ピピッチとの思い出が
じーんと胸にきました
タイトルと表紙画だけでは こういうストーリーだとは
わかりませんでした。
読んでみて よかったと心から思います。


スポンサーサイト
ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。