*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > 2007年08月09日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

平和の種をまく

2007 - 08/09 [Thu] - 09:09

平和の種をまく―ボスニアの少女エミナ (いのちのえほん)平和の種をまく―ボスニアの少女エミナ (いのちのえほん)
大塚 敦子

岩崎書店 2006-05
売り上げランキング : 9246

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

第53回青少年読書感想文全国コンクール
小学校高学年の部 課題図書です。

ボスニア・ヘルツェゴビナの11歳の女の子 エミナが
戦争によって 壊されてしまった家を 建てなおす手伝いをしたり
コミュニティ・ガーデンでお母さんと働く様子など
日常を小学5年生の視点から 紹介されている写真絵本です。

ます最初のページは エミナの話し口調で
簡潔な自己紹介と ボスニア・ヘルツェゴビナという国の
場所と 住んでいる民族の割合が わかりやすい図で紹介されています。
右のページには 髪に花を挿し、こちらに微笑みかけてくれている
エミナの写真。きれいで明るそうな女の子です。

小学5年生の年齢で、見て感じていること、
エミナの日常を 話してきかせてくれているかのようで
その言葉を読み聞きながら 写真を見ながら
気づけば 共感していました。

1992年から 3年半のあいだに
戦争で25万人も亡くなり、
遺体を埋葬しきれず、サッカー場をつぶして作った墓地や
戦後10年たって、ようやく見つかったかぞくの遺体を
墓地に埋葬する人々の嘆き悲しむ姿の写真もあり
とても胸が痛みました。。

コミュニティ・ガーデンとは、違う民族の人たち みんなが
それぞれ割り当てられた区画を耕す共同農園みたいなものです。
ここでは 誰がどの民族かなんて、気にする人はいません。
「戦争中、この人たちが敵どうしだったなんて、
信じられない気がします。」と文章にあります。
木かげに集まり、チェスを楽しむ人の様子、
まわりにいる みんなの笑顔を見ていると
本当にそのとおりだと思いました。

ふつうの人は、だれも、
戦争なんかしたくなかったのに。


エミナだけでなく 多くの人がこう感じていることでしょう。
とても印象的でした。



スポンサーサイト
ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。