*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > 2007年06月17日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

おばけ美術館へいらっしゃい

2007 - 06/17 [Sun] - 10:32

おばけ美術館へいらっしゃいおばけ美術館へいらっしゃい
柏葉 幸子 ひらい たかこ

ポプラ社 2006-07
売り上げランキング : 16298

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小学5年生の女の子、まひるは ある日のこと
お父さんが勤める 木影一族の会社に呼ばれ、
木かげ美術館の館長のアルバイトを頼まれた。
社長の亡き母、小夜の遺言のなかに「わたし亡きあとの館長は、
十歳以下の女の子にかぎる」とあったため
該当する まひるが選ばれたというわけで・・・。
ところが そこは とんでもない美術館だったのです。


久しぶりになりますが 児童書のご紹介です♪

木かげ美術館、、実は 休館中で じきに閉館する予定です。
社長の亡き母、小夜が 大切にしていた美術品があるらしく
それだけでも美術館からひきあげなくてはならないということです。
何度か人を行かせているものの、どういうわけか
大人は美術館に10分といられたためしがない・・・とのこと。
そこで 小夜の遺言を思い出し、まひるに館長をやってもらい
美術品リストをつくってほしいという仕事内容でした。

翌日朝から、まひるの館長勤めがはじまりました。
美術館に入るのは まひる ただ1人。
ところが、美術館には 誰かいる様子・・・・??!

驚いたことに、絵や彫刻のなかに描かれたいる者が
絵から自由に出てきたり、展示されているよろいが歩いていたり・・・
木かげ美術館は・・・なんと おばけ美術館だったのです!

それらは大人には見えず、見えるのは子どもに限定されるようで、
だから 大人には目に見えない現象に怖れおののき、
10分間もその美術館にいられなかったのでしょう。

まひるは、だんだんと 美術品の者たちと心も打ち解けていき
なんとかして美術館が閉館されないように 考えます。
しかし、美術館の土地は 既に買い手がついています。

さあ、どうなっていくのでしょう?

ワクワクしながら 一気に読みました
この木かげ美術館には 価値のある美術品はありません。
ですが、美術品自身、それぞれにプライドもあるようです。
有名な作品、価値のある作品としてだけでなく
自分の素直な目と心で そこから1作品でも
大好きになれる作品に出会えたら・・・
とても素晴らしいことだなぁ~って思いました

スポンサーサイト
ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。