*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > 2007年06月03日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

くじらだ!

2007 - 06/03 [Sun] - 15:16

くじらだ!くじらだ!
五味 太郎

岩崎書店 2004-04
売り上げランキング : 857065

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

のんびりと飛んでいた わたりどりが 湖の上にきて はっとして、
この村 一番の高い屋根の そのてっぺんに 舞い降りて
大きな声でさけんだ。
「くじらだぁ!
   くじらだぁ!
     くじらだぁ!」
なのに みんな 知らん顔。まあ それも 仕方ない。
ここは湖。誰も くじらなんて 知らないんだ。
でも、たったひとりだけ 知ってる おじさんがいた。
くじらのことが書いてある本を みんなに見せた。
「これが くじらというものだ!」
みんな その絵を見て びっくり仰天!
でも、くじらが食べられるとわかると、急にみんな勇気がでた。
みんな 船着き場へいちもくさん。村中から人がやってくる。
ところが・・・、いさんで 出かけてみたものの・・・・・・
くじらの姿は さっぱり見えない。はて?


画像がなかったのですが、
大型本のほうは 画像ありましたので ご参考までに♪

以前 地元のおはなし会で読まれた絵本で
とてもワクワクしたり不思議に思ったり、
最後まで 楽しく読める一冊です。

みんな今まで くじらのことを知らなかったのですが
食べられると知るやいなや、湖にかけつけます。
ところが、肝心のくじらが見当たらず
湖のあちこちを 探していきます。

湖にある たったひとつの小島にあがって見渡したり
入り江のほうにもいってみたり
水中に潜って さがしてみたり・・・

朝から晩まで さがしまわりますが、一向に くじらの姿は見えません

そのうち 村の人々は だんだん飽きてきて
わたりどりが ウソをついているんじゃないだろうか?
そうに違いない!と、みんな怒って帰ってしまいます。
でも・・・・村の女の子は その後
ちゃんと くじらを見ることができたのです。

この本を読まれる方も、是非 大きなくじらを確認してみてくださいね


スポンサーサイト
ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。