*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > 2007年02月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

理想のママのつくりかた

2007 - 02/02 [Fri] - 09:56

理想のママのつくりかた理想のママのつくりかた
森野 さかな

自由國民社 2002-08
売り上げランキング : 321891

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ママは とっても おこりんぼう。どなると まるで かいじゅうのよう。
ママは いつも よそのこを ほめる。
ママは いつも 忙しい。ちっとも はなしを きいてくれない。
ママは いつでも急いでる。なんでもかんでも「はやくして!」
あたしは すごーくさびしくなって
理想のママが住んでいる理想のおうちの絵をかいた。
するとドアが ゆっくり開いた。
おうちの中では 理想のママが おいしいお菓子を用意して
両手をひろげて待っていた。
理想のママは あたしの目を見て そして ゆっくり おはなしをした。
あたしは とても嬉しくて 笑っているのに涙がこぼれた。
理想のママは 今まできいてほしかった あたしの話を
うなずきながら きいてくれた。ずーっと ずっと。
・・・家に帰ると 本物のママが 本物の かいじゅうになっていた。


この絵本は 日本語・英語の両方の文章で書かれてあります。

子どもの母である私も 読んだあとに いったん立ち止まって
子どものこと、私についても 考えさせられた一冊でした。
怒って かいじゅうになってる様子は、ドキッとしてしまったくらい
自分と重なって見えてしまいましたし・・・・

「はやくして!」って なるべく言わないよう、
他の子と比較するようなことは言わないようにと
常日頃から 心がけているつもりではいますが
別の方向から プレッシャーを与えてはいないか
考えてみる きっかけとなりました。

また、私なりに 普段から 子どもの話をよく聞いているつもりに
なっていましたが、はたして子どもは そう思っているのだろうか?と
読んだあとは少々自信がなくなり意識して じっくりと
子どもの話に耳を傾けてみると・・・
やっぱり嬉しそう~に夢中で話してくれたんですよね
そういう子どもの様子を私も嬉しく思いながら
しばし反省もしました。

ママにだって 日々のストレスや悩みはあって、
この絵本では ママのそんな部分もわかってくれているような
場面がでてきて、ありがたく思いながら癒されました。

どんなに叱られて嫌な思いをしても、子どもは親が大好きなんだと
身につまされた気持ちがしました。
子どもの存在に大きな感謝がわきおこってきた思いです。
理想のママには まだまだほど遠い私ですが、少しずつからでも
意識してみようという気持ちになりました。

お母さんだけでなく、お父さんにも おすすめしたい一冊です


ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

おやすみなさい

2007 - 02/01 [Thu] - 09:16

おやすみなさいおやすみなさい
イヴ ライス Eve Rice 片山 令子

ほるぷ出版 1995-11
売り上げランキング : 405530

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おやすみなさいが ゆっくりと やねのうえに おりてきました。
すると とんがりやねの いえのまどから
男の人が「おやすみなさい」といいました。
下をとおる あまぐうりの おじさんも「おやすみなさい」
家に帰ってきた人も 室内で赤ちゃんを抱っこしているお母さんも
「おやすみなさい」といいました。
屋根の上では こねこが いいました。
「だれか ぼくといっしょに あそばない?」
でも おやすみなさいは もう くらやみといっしょに
そおっと まちにひろがりはじめて いるのです。


素敵な素敵な 大切にしたい一冊です。

表紙画からもわかるかと思いますが
白と黒、そして黄色しか使われていません。
窓からの明かり、月の明るさが とてもあたたかく
優しい光に感じられます。

店じまいをする男性がいたり、部屋の中では
みな それぞれの相手に「おやすみなさい」といいます。

そして、ゆっくり、ゆっくりと「時」がながれていきます。
この絵本のなかでは 誰もが急がず さからうことなく
安らぎの心で おやすみなさいを受け入れています。
静けさと安心感で、ゆったりとしています。

静かな夜と月明かりが 本当に美しく思えてきて
読んでいると 自然に あたたかさを感じられて
幸せな気持ちで満たされていきました。

大人の方にも おすすめしたい一冊です

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

« | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

nadeshiko

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。