*Andante*

歩く速さで日常のささやかな感動を堪能していきたいです。 絵本の紹介を中心に 児童書、日々のことを綴っています。

  *Andante*のナビゲーター   トップページ > 2006年10月10日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

ちいさいおおきな女の子

2006 - 10/10 [Tue] - 20:57

ちいさいおおきな女の子ちいさいおおきな女の子
ウーリー オルレブ Uri Orlev Jacky Gleich

講談社 2002-06
売り上げランキング : 618434

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自分が小さいってことをとても嫌がっている女の子が
ある晩、目が覚めたら急に大きくなっていた!
女の子は小さくなった両親の着替えやら食事やらと
面倒をみてあげるのだが、やっぱり子供。。。。

タイトル見て「どっちだよ!?」と思わず
ツッコミいれそうになりつつ手に取りました

子供だって、いくら相手が好意的に言うのであれど
気にしている容姿のことを言われるのは嫌がりますよね。
大人でも、自分で気にしていることを人から
言われるのは いい気のするものではありません。
この本を読んで、何気なく つい 言ってしまっていたことが
なかったか?と自分を振り返ってみるきっかけとなりました。

スポンサーサイト
ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

いつもだれかが・・・

2006 - 10/10 [Tue] - 09:00

いつもだれかが…いつもだれかが…
ユッタ バウアー Jutta Bauer 上田 真而子

徳間書店 2002-12
売り上げランキング : 12298
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おじいちゃんが孫に、自分の人生を思い出しながら語ります。
「ぼうや、わしは 何をしてもうまくいったんだぞ・・・」と
おじいちゃん自身は気付いていませんが
実は、天使がいつもおじいちゃんを守ってくれていたのです

少年時代、友達のヨーゼフが急にいなくなってしまった理由。
そのページの2人の後ろをみると、
ナチスの監視のもと人々が列になって歩いている光景があり、
おじいちゃんの育ってきた時代背景を知ることができます。
見た途端、悲しみと憤りが心にわいてきました。

常におじいちゃんのことを助け、見守り続ける
天使のしぐさや表情が、とても愛情感じられて
「わしは とても しあわせだった。」の言葉が
ぐっと胸に響きました。

ランキング参加中。1クリックいただけると励みになります。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Author:nadeshiko
しばらくPC不調続きでした。
せっかく来てくださったのに
かえってご心配おかけし申し訳ございませんm(__)m
夫も一週間ほど体調崩していて
体調回復を待ってようやくみてもらえ
なんとか復旧できました♪
またよろしくお願いいたしますm(__)m




絵本 子どもの本が大好きな ずぼら主婦。

4人家族です。
【夫】 無口だけど笑い上戸な現実主義
【娘】 小学6年生。社交家で真面目
【息子】小学3年生。内弁慶で甘えん坊

読んだ絵本の感想や
日々のことを
綴っていきたい思います♪


記事と関係のないコメントは
削除させていただく場合があります。
ご了承ください。

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

ランキングに参加しています

最近の記事

頑張っています

リンク

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。